業務内容

各種契約書の作成と確認

医療法人様においても、業務進行に当たっては、様々な契約が取り交わされます。

国内においては、未だ「口約束」や「義理や人情」あるいは「見積書」のみをベースとした商取引が当たり前とされており、この点、トラブル発生時、大きな問題として発展する可能性を、強く憂慮するものです。

  • そもそも契約書自体を取り交わさず案件を進行する
  • 契約書の確認が甘く、問題発生時に責任が一方的に被せられることに気づかない

特にはこの2点が問題です。契約書はゲーム理論に基づきます。「作成側に有利」になるものが契約書にほかなりません。

医療法人様、患者様双方にとって幸せな結果を得るために、契約書の作成は必要不可欠であることをご理解ください。

Dr.平野大輔の問題解決

民間企業の契約書と異なり、医療法人様の契約書には専門的な内容が多分に含まれます。臨床医の立場から、医療法人様に有利な契約書の作成、確認につきまして、進めさせていただきます。