業務内容

医療過誤予防法務/説明義務違反対策

医療法人が通常医療行為を行った際、避けられなかった悪い結果が発生し、患者様側とトラブルに発展することがありますが、その多くが説明義務違反を原因としたものです。

このようなケースでは、確かな法的観点に基づく説明義務を果たしておくことで、このような問題を避けることができます。

また、特に自由診療の分野において、治療費を患者さんが全額負担するため、医療過誤以外にも、医療法人と患者の間に問題が発生することが多いように見受けられます。

昨今は、インターネット検索による情報収集などの判例確認や対応方法論を取り得るといった部分において、患者側も医療法務の「知識」については、インプットすることが可能な時代です。

「医は仁術」にほかなりませんが、こうした状況であっても、冷静かつ正確に、医療法人様は対応をしなくてはなりません。

Dr.平野大輔の問題解決

ひとつには、患者様との間に、簡単な診療契約書を取りかわす、といった方法論を提案します。これは、説明義務を果たした際の患者様側のサインといった建付けでも良いでしょう。

助けたいと手を差し伸べた側が患者様から訴えられる、といったケースは、医者の立場からもっとも哀しい事案であり、もっとも避けたいトラブルです。

臨床医の立場から、医療法人様をお守りすることが、わたしたちの責務であると考えています。